濱田酒造(鹿児島)

古来より薩摩の海陸の交流の中心地、鹿児島県いちき串木野市湊町で、
明治元年の創業以来、伝統技法による焼酎造りをかたくなに守り続ける蔵元。

焼酎造りの原点ともいえる手造りにこだわり、杜氏をはじめとする蔵人たちが、 経験や技、情熱を存分に発揮しながら本格焼酎を生み出しています。
そんな蔵元が醸す赤兎馬のネーミングの由来は、「三国志」に登場する希代の名馬から。

一日で千里を駆け、最初の登場から20年以上に渡り現役で走り続けた。
名馬のような銘酒として長きに渡り愛される芋焼酎。それが薩州赤兎馬です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1