鹿児島酒造(鹿児島)

焼酎の世界では唯一の「杜氏の里」として知られる鹿児島県南さつま市笠沙町黒瀬地区。

明治時代に黒瀬から三人の若者が沖縄に渡り、泡盛の製造技術を学び戻り、この技術を持って、黒瀬の地から九州各地の焼酎の蔵に杜氏・蔵人として出かけました。

やがて焼酎造りの一切を任されるようになり、「黒瀬杜氏」と呼ばれるようになりました。

その本流の焼酎造り技を体で覚えている数少ない杜氏がこの鹿児島県酒造の黒瀬安光総杜氏なのです。

杜氏心得は「特別なことはなにもない ただ、ひたすらに 焼酎を思い、好きでいられること」 日本焼酎発祥の地・阿久根から伝統的な製法を守り丹精を込めて醸造しています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5