播州一献(兵庫)

播州一献を醸す山陽盃酒造はかつて、 高瀬舟が米や材木を運んでいたといわれ,戦国時代の知将黒田官兵衛が秀吉から はじめて1万石の知行地を与えられた縁の地です。

揖保川のほとり、旧城下町である兵庫県宍粟市山崎町に、 今から170年前江戸期天保8年に創業し、中国山脈の奥深くより流れ出る清流に抱かれ、大自然の恩恵を受け、 今日までお酒を造りつづけています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2