酒蔵王手門(宮崎)

1895(明治28)年、日南市飫肥で焼酎醸造を始めた酒蔵王手門。門下一平氏が個人商店として創業しました。代表銘柄「銀滴(ぎんてき)」は、一平氏が蒸留時に最初に垂れてくる滴を見て、銀のようにつやつやと輝いている様に感動し、名付けられました。1935(昭和10)年に昭和天皇が来県された際には「献上酒」として選ばれています。

創業以来の「銀滴」の味を守り続けるだけでなくさまざまな発想を盛り込んだ斬新な焼酎を提案しています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4