黒木本店・尾鈴山蒸留所(宮崎)

創業明治18年。高鍋町の中心市街地にある、地元に根ざした酒蔵。
「酒造りは原料があってこそ。それを表現するための焼酎」、そう言い切れるほど、芋や麦、米などを大事に酒造りに取り組む酒蔵。

昔から地元農家と提携して原料作りに取り組んできた歴史があり、今では自家農園を法人化して農業生産法人「甦る大地の会」も結成。焼酎のモロミ廃液までも肥料にリサイクルした有機農法にも取り組み、地域循環型農業を推し進めます。

「人と大地が一体となったものづくり」をうたい、何よりも原料の個性を尊重した酒造りに取り組む黒木本店らしい取り組みです。

http://www.kurokihonten.co.jp/

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0