越乃寒梅(新潟)

1970年代に起こった空前の地酒ブームをけん引した石本酒造は、 看板をあげることもなくひっそりと住宅街の路地に溶け込むようにある。

新潟県の亀田町に隣接しており、この辺りは亀田郷と呼ばれる。
亀田郷は、江戸時代からの梅の名産地であったため、銘柄を越後の梅の「越乃寒梅」と名付けられた。

生産量を増やすこともしなければ、県外へ多くの酒を出すこともしない。
そのため世間から「幻の酒」と言わることも。

造りは、人が主で機械が従であり、技術の伝授を理論化して根づかすため、
農業大学で醸造学を研究してきた若者を積極的に採用。

現在の杜氏も仕込み・醪管理の担当者も東京農業大学出身者。
「米はいいものを選ばないとだめだ」「良い原料なくして良い酒は生まれない」それが今も変わらない原点。

すっきりとキレがあり、かといって薄っぺらではない。米の旨みのある酒を造ろうと研究に妥協はない。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8