楯野川(山形)

天保3年(1832年)に、上杉藩の家臣が庄内を訪れた際に、水の良さを驚き5代目平四郎に酒造りを始めることを薦め、平四郎は酒母製造業を興しました。

そして、安政元年(1854年)に酒造業を開始。翌年、安政2年(1855年)荘内藩藩主酒井公が当家に訪れた際酒を献上したところ、大いに喜ばれ酒銘を「楯野川」とするよう命名しました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4